世の中には沢山の占いがあると思います。そんな中でも僕が一番気にっているのがこの動物占いです。僕が勤めている仕事は営業です。そこでこの素質論(動物占い)がすごく役に立ちます。

そもそもこの素質論(動物占い以下省略)は人間は大きく3種類の人間がいるということです。それは「E,H,A」タイプの人間です。まず説明をすると「Eタイプ」の人間はクリエイティブ的な方が多く、褒められるのが嫌いなタイプで警戒心が強いタイプです。

そして、この型に対しての営業トークは「機能重視、プラン重視」など仕組みに強く興味を持ってもらえたりします。そして次は「Hタイプ」のお客様です。この方の場合はヒューマンタイプといいます。なので、営業をするときは例えば有名人の○○さんが使っています。などのことを使うと割とヒットします。

そして、クレームになったときはすぐ上司を出すことです。お偉いさんなどに大変、敬意を払っているためこのタイプの方に足してはすぐ、クレームを鎮静化することができます。最後に「Aタイプ」の方ですが、このお客様ととにかく簡単です。褒めるだけです。ただ褒めて褒めて褒めまくればそれがお世辞だと知っていても気持ちよくなり獲得につながっていきます。

あくまで素質論ですが、割と当たります。そして、一番すごいと感じたのが大手通販番組です。こちらに関してはこのすべてを抑えたことを一つのまとめてテレビで番組をしています。僕はこの動物占いを駆使して営業したいと思っています。

動物占い

僕は最近、仕事の研修中に先生から動物占いの話を聞きました。もともと、この研修のきっかけは会社の部下をマネジメントしていこうというものでした。そこで、その研修の先生から話を聞かせて頂くと、この動物占いの発祥は素質論から来ているということでした。

その素質論を活かしてマネジメント行っていくというのが今回の研修の内容となっていました。簡単に占いの話をすると「命、ト、相、霊」に分かれるみたいです。まずその一つ一つをざっくりお伝えしていきます。まず「命」に関しては今回紹介したい話の一つの動物占いです。

人は生まれながらの運気が宇宙と絡み合って密接につながっているみたいです。そして運命を確認していきます。また、「ト」に関してはおみくじやタロットのようなその時引いたものに足しての運勢を占うということです。そして、「相」は人相、つまり、顔の表情や形、輪郭、または手相占いとかが主になってきます。

そして最後の「霊」ですが、これは降臨術を主にしています。霊を呼び出して、運勢を聞くみたいな感じです。そして、僕が今回習ったのがこの「命」です。占い自体あまりしんじないのですが、これに関してはしっかりとした統計学のような感じがして僕に当てはまるなと感じました。

そして、その調べたい人の運勢を知るためには生年月日が必要となります。そしてそれを調べると「E,H,A」のタイプに分かれます。そのタイプによって部下をマネジメントを行うと業務が分割にいくということですが、今回はそれをならって今からこの占いを会社で実際に使って行きたいと思っています。