今まで、ありとあらゆる占いを体験してきました。
対面鑑定、メール占い、チャット占い…などなど。
そんな占いマニアの私がおススメする一番の占い方法は、電話占いです。
おススメする一番の理由は、とことん心の内をさらけ出す事が出来るから。
自宅でリラックスした状態で、まるで親友に電話している様な感覚で悩みを相談出来ます。
対面鑑定はどうしても緊張感がでてしまいますし、メールやチャットは文面でのやり取りになるので、心の内を全てさらけ出す事はなかなか難しいんですよね。
なので、電話占いが一番ベストなのです。
電話占いを成功させる為のポイントがいくつかあります。
まずは、サイト選びを慎重にする事です。
今や、電話占いをしているサイトは数え切れないほどあります。
なかには胡散臭いサイトもちらほら…。
占いを利用する際には、必ずネットで口コミをチェックし、信頼できる鑑定士やサイトを選ぶ事が絶対条件です。
次に大切な事は、必ず利用時間を自分で設定する事です。
電話占いは、お高くつきます。
あれやこれやと相談しているうちに、鑑定料が大変な事に…!なんて事もめずらしくはありません。
痛い目に合わないためには、必ず事前に鑑定料の予算を決め、その範囲内の時間で相談する事を守って下さい。
限られた時間内でしっかり悩みを解決させる為には、事前に相談したい内容を紙に書いて、占ってもらいたい内容を自分自身できちんと把握する事が大切です。
この様なポイントをしっかり守れば、電話占いは非常に利用しやすくなります。

毎日、新聞の占いを見ています

私は毎日、新聞に出ている占いを見ています。
今日は調子が悪いと思っても、占いを見ると、今日は良い日だと書かれていることもあります。

私は占いを参考にしますが、必ずしも当たっているとは限りません。
しかし、考え方を変えれば、調子が悪い日も、もしかしたら本当は良い日なのではないかと思えてきます。

朝の調子が悪くても、それが1日拾続くとは限りません。
特に占いに今日は良い日と書かれていると、なんとなく良い日なのかもしれないと思えてきます。

今まで嫌だと思っていたことへの見方が変わり、前向きに捉えられるようになります。
逆に自分では今日は良い日だと思っていたのに、占いでは注意する日と書かれている場合があります。

そのような時は気持ちを引き締めろということなのかもしれません。
調子が良い時はどうしてもスキができてしまいやすくなるので注意が必要です。

私は休日になるべく遠出をしたいと思っていますが、そのような日に遠出は控えたほうが良いなどと書かれていることがあります。
遠出はどのくらいの距離を意味するのかわかりませんが、そのような時はどうしても外出するのを躊躇してしまいます。

占いで1日の行動をどこまで制限するかは個人差がありますが、私は時々、占いに従ってしまうことがあります。
中には全く関係のない内容のことが書かれていることもあります。

占いの結果を気にしなければ、それはそれなりの1日を過ごすことができるのかもしれません。
しかし、長年の習慣で何となく占いを見てしまいます。